女性のデリケートゾーンの臭いの原因と改善について

女性であればデリケートゾーンの臭いなどは、とても気になるはずです。
その原因がはっきりしないまま、対処するすべがなくそのままにしてしまっている女性も少なくないはずです。

 
女性のデリケートゾーンの臭いの改善は、どのように行うべきなのでしょうか。

女性のデリケートゾーンの臭いの原因

デリケートゾーンは清潔に保っているはずなのに、嫌な臭いがするという症状は、実は多くの女性が経験していることなのです。
この臭いの原因は一つではなく、さまざまな原因が考えられますが、基本的には細菌の発生により臭いが出てくることがほとんどです。

 
デリケートゾーンは常に細菌が繁殖しやすい環境になっており、とくに女性の場合は整理やおりものが原因になることや、また出血などが原因で細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
自分ではしっかり気をつけているはずでも、気がついたら酷い臭いが出てしまっていたということも多くあります。

 
また、食事が原因となり臭いが発生することもあります。とくに肉類を好んで多く食べてしまうことで、デリケートゾーンの臭いがきつくなってしまうことがあるのです。
脂肪分が多い食事や香辛料が多く含まれているもの、またアルコールの摂取でもデリケートゾーンの臭いに影響を与えてしまいます。

 
これらの食べ物は、腸の中の悪玉菌を増加させる原因となり嫌な臭いに繋がってしまうのです。さらにアルコールやなどは、身体から発する臭い成分自体を増加させてしまう原因になりますので注意が必要です。

女性のデリケートゾーンの臭いの改善方法

では、デリケートゾーンの臭いを改善させるためには、どのような対処方法を行えばよいのでしょうか。

 
まず、デリケートゾーンは清潔に保っておくことが一番だと言えます。細菌の繁殖を防ぐようにしっかり清潔に保つことができれば、臭いの改善を行うことができるでしょう。

 
しかし、いつも清潔にしているはずなのに臭いが出てしまうという女性も多いはずです。こうした女性は、過剰になっている可能性もあります。デリケートゾーンを過剰に清潔に保つことで、逆効果になることもあるのです。

 
体には皮膚を守ってくれる細菌も含まれていますので、過剰に洗い流してしまうことで皮膚に影響を及ぼしたり、肌荒れが原因となり嫌な臭いが増殖してしまう可能性もあるのです。

 
そして、肉類などは上手に調整を行い食べるように心がけましょう。野菜中心の食べ物にシフトするなどの調整を行えば、デリケートゾーンの臭いの改善に繋がります。

デリケートゾーンが匂う本当の理由は?

夏場になるとデリケートゾーンの匂いが気になるという女性は多いようです。

 
実際に夏場になると気温が上昇するため、汗がよく出る時期になるため「臭い」というキーワードに対して敏感になる頃とも重なります。

 
女性がなる場に気になるデリケートゾーンですが、そもそもなぜデリケートゾーンの周辺に臭いが発生するのか?について紹介していきたいと思います。

1、デリケートゾーンの臭いの原因は何?

人間の体には、常在菌と呼ばれる体に住み着いている目には見えない菌が存在しています。

 
この常在菌の特徴としては、湿気のある、風通しの悪いところを好む習性があることから、脇の周りやデリケートゾーン周辺に集まっていると言われています。

 

この細菌たちは、人間の体から出る汗に含まれる成分から栄養を補給し、分裂や繁殖を繰り返しているのです。

 

そのため、デリケートゾーンに臭いが発生する原因としては、これらの細菌が汗に含まれる栄養分を食べた後に細菌から排出される成分が特有の嫌な匂いを作り出している要因となっているのです。

もちろん、女性だけでなく男性にも常在菌はおり、臭いが発生している仕組みは同じです。

 

しかし、女性の場合は月経があることからおりものに含まれる栄養分も細菌の餌となったり、雑菌の繁殖にもつながってしまう恐れがあるため、臭いがより一層気になるため男性よりも女性の方がデリケートゾーン周辺の匂いを気にしている傾向にあります。

2、デリケートゾーンの匂いを落とすにはどうすればいいの?

デリケートゾーンの匂いの原因は、人間の汗と常在菌の繁殖によるものです。

 
そのため、人間の汗の量をコントロールすることができればいいのですが、こればかりは体温調節機能を備えている汗という生理現象は人間の力だけでは完璧にはコントロールすることができません。

 

しかし、暑くなると汗が出るので、事前に洋服を脱いで薄着になっておくなど対策を施したり、デオドラント製品を使用して対策をしておくのも良いでしょう。

 

また、雑菌の繁殖を抑えるためには「除菌」しかありません。そのため、お風呂に入って体を洗う際はデリケートゾーン専用の低刺激の石鹸を使用すると効果があります。

 

しかし、体をゴシゴシと強くこすり過ぎないように注意をしましょう。体を守る役割存在している常在菌もいるので、必要な常在菌まで殺菌してしまうと、嫌な匂いを増幅させる要因にもなりうることがあります。

 

いかがでしたか?デリケートゾーンの匂いの原因は、汗に含まれる栄養分を蝕む常在菌の存在ということでした。体を清潔に保ち必要のない雑菌を駆除し清潔さを保つことがデリケートゾーンの匂いを抑制し、悩みの解消にもつなげることができかもしれませんね。

デリケートゾーンの黒ずみや臭いの原因と対策

デリケートゾーンの悩みはほぼたいていの女性が経験しているのではないでしょうか。ここでは、黒ずみの原因と臭いへ対策についてお話ししたいと思います。

▽デリケートゾーンの黒ずみの原因

妊娠出産していない人ならば、下着の摩擦と刺激によるものがほとんどです。肌は、下着のゴムがきつかったりすると、外部から刺激を受けていると勘違いします。そのため、肌を守ろうとして、メラニンを活発に生成し始めるのです。こうすることが知らず知らず知らずの間に、積み重なって徐々に蓄積されていくのです。

 

・新進出産をした人は、妊娠中は母体が外部の刺激から体を守るために、メラニンの生成を活発にします。デリケートゾーン以外にも、体のあちこちが黒ずんでくると感じます。これは、出産を終えるとだんだん薄くなってくるので、大丈夫です。しかしデリケートゾーンはそれまでの下着の締め付けが積み重なっているので、なかなか薄くなりません。

 

・加齢によるものでのデリケートゾーンの黒ずみ
30代を超えると今まで28周期で生まれ変わっていた細胞が、周期がだんだん遅くなってきます。50代になってくるとだいたい2から3週間は遅れてきます。

▽デリケートゾーンの黒ずみと臭いの対策

・デリケートゾーンの黒ずみに対しては、できるだけ締め付けの少ない下着をつけましょう。刺激と摩擦が黒ずみの原因となるので、ゴムのない下着が理想です。臭いに対しての対策は、臭いが気になると言って石鹸でごしごしと洗うのは、いけません。

 

常在菌を殺してしまうことで、より臭いがひどくなる原因になるのです。お湯で洗い流すくらいで、いいのですが、石鹸を使わないと気持ち悪いといい方もいるでしょう。そんな方は、弱酸性の石鹸を使うようにしてください。肌に近い弱酸性の石鹸を使えば常在菌は残ります。石鹸をよく泡立てて、優しく洗います。そして、石鹸が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。せっかく切れに洗っていても、石鹸が残っていると、またそれが原因となって臭いを発生することがあります。

▽デリケートゾーンの保湿

デリケートゾーンには、専用の保湿剤を塗るようにしましょう。デリケートゾーンは大変肌が弱くて、薄くなっています。専用の保湿剤で保湿しましょう。トラネキサム酸やビタミンC 誘導体がデリケートゾーンに最適な成分です。デリケートゾーンの黒ずみの解消に役立ちます。

 

デリケートゾーンに塗るときは、押し込むように塗ってください。最後に量が気になるときはティッシュなどで優しく押さえてください。決して刺激や摩擦が起きないように優しくすることを心がけましょう。