乳首がピンク色になった2つの保湿方法について

“ピンク色の乳首って憧れますよね。透き通るように柔らかな色だと胸全体も白く見えてとっても美しいです。
逆に乳首の黒ずみがあると、胸も全体的にくすんで見えてしまったり、男性にも不評だったりします。

 
乳首が黒いと遊んでるとか・・侵害ですよね。絶対にそれは間違いです。
私も、かなり乳首の黒ずみには悩まされていたのですが、かなり改善されたので、改善方法をご紹介させていただきます。

1、乳首にも顔と同じようにしっかりと丁寧な保湿を心がけよう

まず、顔っていろいろなスキンケアがありますが、乳首ってあまり気にしないですよね。
私もそんなうちの一人だったのですが、乳首にこそ、しっかりとした保湿が必要だと気付かされました。

 
と、いうのも、乳首は皮膚も薄いですし、とっても敏感な場所です。そして下着などが擦れてしまいがちなところです。
あまり合わないブラジャーなどをつけていると日常ずっと細かいながらもこすられている状態なので、肌が刺激から守ろうとしてメラニン色素を増やします。

 
ひどい乾燥なども黒ずみの原因になってしまうんです。
なので、私は2つの保湿をしているのですが、まずはオイルです。夏場などはさらりとしたテクスチャーのホホバオイルなどが好きです。

 
乳首にすーっとオイルが浸透してすぐにサラサラになってくれます。冬場など、乾燥が本当にひどいときなどは、オリーブオイルなどを塗ります。
オリーブオイルはとってもしっとりしているので、保湿力が高くて、表面にまくを張ったような感覚になるので、すごく守られているかんじがするんですよね。

2、乳首専用の美白クリームを塗ろう

そして、オイルを塗る前には私は乳首専用の美白クリームを塗るようにしています。
私が使っているクリームにはアルブチンという美白成分が配合されていて、それが美白の効果をうんでくれるのです。

 
普通にネットで手軽に購入することができますし、使用感もとってもいいので気に入って毎日塗るようにしています。

 

こういった、保湿と美白をするようになってから、あきらかに乳首がふっくらしてきて、ピンク色になってきました。

 
今まで、乳首を酷使させていたんだなーって本当に反省しています。乳首も顔と一緒でしっかりとしたお手入れが必要だったんだなと痛感しているところです。
今では、自分の乳首にすごく自身がもてます。やわらかくて、ピンク色で胸に自信がもてるようになりました。

 

これからも大事に乳首ケアをしっかりとしていきたいとおもっています。”

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.