デリケートゾーンが匂う本当の理由は?

夏場になるとデリケートゾーンの匂いが気になるという女性は多いようです。

 
実際に夏場になると気温が上昇するため、汗がよく出る時期になるため「臭い」というキーワードに対して敏感になる頃とも重なります。

 
女性がなる場に気になるデリケートゾーンですが、そもそもなぜデリケートゾーンの周辺に臭いが発生するのか?について紹介していきたいと思います。

1、デリケートゾーンの臭いの原因は何?

人間の体には、常在菌と呼ばれる体に住み着いている目には見えない菌が存在しています。

 
この常在菌の特徴としては、湿気のある、風通しの悪いところを好む習性があることから、脇の周りやデリケートゾーン周辺に集まっていると言われています。

 

この細菌たちは、人間の体から出る汗に含まれる成分から栄養を補給し、分裂や繁殖を繰り返しているのです。

 

そのため、デリケートゾーンに臭いが発生する原因としては、これらの細菌が汗に含まれる栄養分を食べた後に細菌から排出される成分が特有の嫌な匂いを作り出している要因となっているのです。

もちろん、女性だけでなく男性にも常在菌はおり、臭いが発生している仕組みは同じです。

 

しかし、女性の場合は月経があることからおりものに含まれる栄養分も細菌の餌となったり、雑菌の繁殖にもつながってしまう恐れがあるため、臭いがより一層気になるため男性よりも女性の方がデリケートゾーン周辺の匂いを気にしている傾向にあります。

2、デリケートゾーンの匂いを落とすにはどうすればいいの?

デリケートゾーンの匂いの原因は、人間の汗と常在菌の繁殖によるものです。

 
そのため、人間の汗の量をコントロールすることができればいいのですが、こればかりは体温調節機能を備えている汗という生理現象は人間の力だけでは完璧にはコントロールすることができません。

 

しかし、暑くなると汗が出るので、事前に洋服を脱いで薄着になっておくなど対策を施したり、デオドラント製品を使用して対策をしておくのも良いでしょう。

 

また、雑菌の繁殖を抑えるためには「除菌」しかありません。そのため、お風呂に入って体を洗う際はデリケートゾーン専用の低刺激の石鹸を使用すると効果があります。

 

しかし、体をゴシゴシと強くこすり過ぎないように注意をしましょう。体を守る役割存在している常在菌もいるので、必要な常在菌まで殺菌してしまうと、嫌な匂いを増幅させる要因にもなりうることがあります。

 

いかがでしたか?デリケートゾーンの匂いの原因は、汗に含まれる栄養分を蝕む常在菌の存在ということでした。体を清潔に保ち必要のない雑菌を駆除し清潔さを保つことがデリケートゾーンの匂いを抑制し、悩みの解消にもつなげることができかもしれませんね。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.